2007年10月25日

Googleアドセンスの審査基準

Googleアドセンスの審査基準


以前の記事 http://webtechnique.seesaa.net/article/62279370.html でGoogleアドセンスの審査に早く通る方法というのを紹介したが、今回はもう少し、Googleアドセンスの審査基準について詳しく書いてみようと思う。


まず、Googleのプログラムポリシーによれば以下のような基準が示されている。


★下記のコンテンツを含むサイトに Google 広告を表示することはできません。

暴力的、人種差別的、または個人、団体、組織を誹謗、中傷するコンテンツ
ポルノ、アダルト、または成人向けコンテンツ
ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツ
違法な麻薬または麻薬関係の道具
過度の不適切な表現、その他公序良俗に反する表現を含むコンテンツ
ギャンブルまたは賭博に関連したコンテンツ
広告やサービスのクリック、検索、ウェブサイトやメールの閲覧に対してユーザーに報酬を提供するプログラムに関連したコンテンツ
キーワードが過剰に含まれる、反復する、もしくは無関係であるウェブ ページのコンテンツやコード
検索エンジンでのサイト掲載位置 (PageRank など) を上げるための虚偽の、もしくは不正なコンテンツや構造
武器または弾薬 (銃火器、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売や宣伝
ビールまたはアルコール度の高い酒類の販売や宣伝
タバコまたはタバコ関連製品の販売や宣伝
処方薬の販売や宣伝
偽造、模倣ブランド品の販売や宣伝
期末レポートまたは論文の販売や配布
その他の不法なコンテンツ、不法行為を促すコンテンツ、他人の法的権利を侵害するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
著作権法で保護されているコンテンツを含むウェブページでは、サイト運営者がコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示することはできません。 詳細については、DMCA ポリシーをご覧ください。


※特に注意すべき点

その他にも注意すべき点であり、Googleアドセンスを使うたくさんの人が、実際にアカウント停止などになってしまっている、よくある禁止事項を書いておきたい。

クリックの誘導行為
広告をクリック、協力してください! クリックをお願いします↓ などの言葉を利用して、ユーザーにGoogleアドセンスをクリックさせようというサイトはGoogleアドセンスの利用禁止サイトとなってしまう。
Google側が許可しているのは”スポンサード リンク”と”広告”いう言葉なので、Googleアドセンスの上に言葉を入れる場合は”スポンサード リンク”か”広告”という言葉にしておかなければならない。

アドセンスの近くに誤解を招くような画像を配置する行為
これについてはGoogleアドセンスの近くに画像の配置は可能であるが、誤解を招くような画像、また、広告の内容に直接関係するような画像を配置することは、警告、禁止の対象となるらしい。この場合、Googleアドセンス広告の枠線をきっちり表示させるなどの対処方法を取らなくてはならない。

不正クリック
Googleアドセンスへの、自分のPC、または友人や会社などのPCからの、自分のサイトのGoogleアドセンス広告に対するクリックは禁止されている。IPアドレスなどから監視されているらしく、これを破るとアカウント停止などの処分を受けることになる。

他のコンテンツマッチ広告との共存
ブレイナー、MicroAd、ぴたっとマッチなどの他社のコンテンツマッチ型の広告とGoogleアドセンス広告を同時に同じページに表示させることはできない。これについては無料ブログなどで、コンテンツマッチ広告が自動で表示されるようなブログサービスもあるので、注意が必要である。(前述、Googleアドセンスが使えるブログ参照)


参照
Google AdSense プログラム ポリシー
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=48182&sourceid=aso&subid=ww-ww-et-asui&medium=link








posted by 裸が一番 at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Googleアドセンスの審査基準

Googleアドセンスの登録と審査基準

Googleアドセンスへの登録

このページからGoogleアドセンスに登録できるようになっている。
https://www.google.com/adsense/login/ja/

Googleアカウントを取り、ページからサイトのURLなどを入力すれば登録は完了である。

しかし、登録を完了させ、実際にGoogleアドセンスの使用を始めるには、Google側の審査に通らなくてはならない。


Googleアドセンスの審査に早く通る方法

Googleアドセンスを始めるためには、Googleが行うサイトの審査に通らなくてはならない。

さて、どのようにすれば審査に通るのか?

一番てっとり早い方法

これは私の経験と、色々な情報から判断して、無料ブログに、適当な記事を10記事ほど書いてから登録申請してしまうのが、一番早い。
私は10記事くらいであったが、ブログ6記事で通ったという話もある。

Googleアドセンスが使えるブログについては以下に記してある。
http://webtechnique.seesaa.net/article/61206331.html
このうちのどれかのブログに記事を書いて申請するのがいいだろう。

ブログの内容は、例えば、仕事のグチであっても、趣味の釣りであっても、好きな食べ物であってもかまわない。
とにかく当たりさわりのないことを書くのがいいと思う。

避けるべき内容  ギャンブル、ハッキングやクラッキング、ポルノ、アダルト、酒類の販売、著作権の侵害をしている内容等である。これを避ければ審査には通ると考えていい。

Googleアドセンスの広告は、一度審査に通ってしまえば、同じ広告プログラムのコード(Javascript)を自分の運営する他の複数のサイトに貼ることができる。(この場合に新たな追加サイトの審査というものは特にもうけられていない。)だから、まず、確実に審査に通りたいという場合は無料ブログで申請してしまうのが一番早いと思う。

しかし、申請したブログ以外のサイトにGoogleアドセンスの広告プログラムのコードを貼った場合に、もしそのサイトがGoogleの審査基準を満たしていないものの場合、そのサイトでのGoogleアドセンスの使用が停止されるか、最悪の場合にはアカウント自体の停止に追い込まれる。(この場合にはGoogleから警告のメールなどが送られてくる場合が多いようだ。また、詳細がわかれば更新していきたい。)

Googleのプログラムポリシー(Googleアドセンスの掲載を許す基準)
は、以下のGoogleのサイトに詳細がある。
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=48182&sourceid=aso&subid=ww-ww-et-asui&medium=link































2007年10月24日

mixiでのアクセスアップは可能か(2)

mixiでのアクセスアップは可能か(2)

mixiでのアクセスアップの方法

昨日書き忘れたので一つ、方法を追加しておく。

mixiニュースに関しての日記を書く

という方法を思い出した。(堂々とした方法ではないが、ひとつの手段として)

mixi内ではmixiが掲載しているニュースから連動して、日記を書けるのだが、このニュース関連の日記へのアクセスの頻度はmixi内で非常に高い。普通に日記を書いていれば、アクセスなど(マイミクの数によるが)たかだかしれたものであれば、ニュースに関しての日記を書けばマイミク以外の直接知らない人からのアクセスが一気に増える。ニュースにもよるが、一日100〜200ぐらいのアクセスを得ることは可能だと思う。(これは多くのブログなどでも、すでにある手段かもしれないが・・。)
そこでアクセスを得ることができれば、自分のmixi内のトップページを見てもらう機会が増え、そこにサイトなどのURLを載せておけば、そこからアクセスも期待することができる。


しかし、これはあくまで姑息な手段かな?














posted by 裸が一番 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | mixiでのアクセスアップ

mixiでのアクセスアップは可能か

mixiでのアクセスアップは可能か

会員数500万人を超える日本最大のSNS、mixiはたくさんの書籍などにも紹介され、そこで実際のビジネスやネットビジネスを展開させようとする人達の大きな注目を集めている。

ではmixiを使って実際に、自分のサイトやブログのアクセスアップは可能か?

これは、ある程度可能であると思われる。

だが、今までのブログやサイトを主体とした、アクセスアップの手段とは多少、様相が異なってくると思う。

まず、mixi内では、基本的に営業活動というのは禁止されているためである。
実際、私もmixiには登録しているが、スパム等の営業用メッセージを送る業者関係の人間というのはまず、ユーザーから、アクセス禁止などをくらい、そして最後には通報され、mixiから追い出される。

最近新規にmixiに入ってきた悪質な業者のほとんどはすぐに諦めてアカウントを削除されたり、退会しているようだ。mixi足跡ツールなどを使ってアクセスを集めようとしても、mixi内ではすでにそのような情報はよく知られており、ほとんど、有効であるとは思えない。

じゃあ、どうやって自分のブログなどに誘導したり、サイトのアクセスアップにつなげたりするのか?

いくつか方法が、あると思う。

まず、mixi内で自分のコミュニティを作ってしまう事である。mixi内にはコミュニティという、一種の仲間を作る機能があるのだが、それは各自が勝手に作れるようになっている。
例えばブログライターであるとかWEBクリエイターであるとか、コミュニティを作るのである。そして、そのノウハウを書いたサイト等を皆に紹介する。もちろん既存のコミュニティに入ってしまうのも一つの良い方法である。

私が見たなかでは、セカンドライフ関連のコミュニティなどで、そういう活動をしている人が目立った。そういう人は単に自分のサイトに誘導するなどというレベルではなく、セカンドライフ内でのビジネスを立ち上げるために、人を集め、ともに利益を追求していくというやり方をとっていたようだ。

また、mixi内には自分のブログを紹介できるコミュニティなども存在する。ここではそれぞれの加盟者が、自分のブログを紹介できるのである。これはmixiではご法度とされている、営業活動をある意味できる場とも言える。


ひとつ言えるのはmixiの中では、ネットビジネスにありがちなアコギなやり方はまず通用しにくい。

中にいる人と本当に仲良くなって、自分からも情報を提供しなければ、やっていくことは困難である。その意味でほとんど実社会と変わらない。
その代わりに真面目に大きなビジネスなどを立ち上げたり、一緒にサイトを作成、運営したりするような仲間を探すことも可能である。
その気になればかなり力のある、ネット系、またそれ以外の技術者、起業家などと知り合うことも可能である。














posted by 裸が一番 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | mixiでのアクセスアップ
2007年10月23日

MicroAdを使えるブログについて

MicroAdを使えるブログについて

MicroAdでは以下のように3種類に分けて、MicroAd広告の掲載が可能なブログを説明している。

1 ブログサービスの標準機能としてMicroAdの広告を掲載できるブログ

ライブドアブログ
アメーバブログ
楽天ブログ

これらについては標準でMicroAdの広告が選べるので、登録サイトMicroAd https://associate.microad.jp/associate/login
で自分で登録する必要はない。(※ が、カスタムで自分でサイドバーなどに大きめな広告を表示させたりするためにはサイトでの
登録が必要である。少なくともアメーバブログではサイドバーに大きい広告表示が可能なのは私が実験済みです。)

2 ブログ管理画面からMicroAdへ登録し、ブログ管理画面で設定を行うことができるブログ

gooブログ
AOLダイアリー

3 直接MicroAdへ登録し、タグの貼り付けることで広告を掲載できるブログ

ドリコムブログ
FC2ブログ
FC2ブログ
JUGEM
SeeSaaブログ


MicroAdを使えないブログについて


以下のブログでは現状MicroAdは使えない。

yahooブログ
ココログ
アセラ
Autopage
PLAYLOG

参照
http://blog.microad.jp/index.php/howtouse



posted by 裸が一番 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | MicroAdについて

Googleへのサイト登録、更新の告知の方法

Googleへのサイト登録、更新の告知の方法

新規にサイトやブログを作った場合など、検索エンジンへの登録は、欠かせないがGoogleへのサイトの登録方法を書いておきます。

Googleへのサイト登録窓口(URLを記入して簡単に無料登録できる)
http://www.google.co.jp/addurl/?hl=ja&continue=/addurl

また、サイトに更新があり、Googleのクローラーにデータ収集をしてもらいたい時にもこのページからURLを入れれば良いようです。
http://www.google.co.jp/addurl/?hl=ja&continue=/addurl


posted by 裸が一番 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Googleへのサイト登録

Googleのクローラーの巡回の確認方法

Googleのクローラーの巡回の確認方法

WEBサイトや、ブログでのアフィリエイトなどをやってみられた事がある方なら、一度は気にしたことがあるであろうこと。
それは、サイトの検索エンジンへの登録、またサイトの更新をどの程度、検索エンジンがデータ収集をしてくれているかということであろう。

Googleが、サイト情報を巡回して更新データなどを収集していくロボットをクローラーという。

このクローラーが自分のサイトにいつ来たかを知ることができる方法の一つが、Googleウェブマスターツールである。

GoogleウェブマスターツールはGoogleのアカウントをとっていれば無料で使用することができる。
ウェブマスターツールの管理画面で自分のサイトへのGoogleからの最終のクロールの日付を知ることが可能だ。

他にもサイトの診断機能等、サイト運営に必要な情報を得ることができる。

Googleウェブマスターツール






posted by 裸が一番 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Googleウェブマスターツール
2007年10月19日

MicroAdについて(アメーバブログにMicroAdを使ってみる。)

MicroAdについて

私が他で書いてみているブログ http://ameblo.jp/highfreet/
にMicroAdを設置してみて3日程経つので今日はMicroAdについて書いてみようと思います。
アメーバブログにはGoogleアドセンスを貼れないので、代わりにMicroAdを貼ってみました。前の記事で紹介した、ブレイナーなどももしかすると貼れるかもしれないのですが、元々アメーバとMicroAdは同じ会社が経営しており、Googleアドセンスと同様に禁止されている可能性があるので、今回はそうしてみました。

以下、MicroAdについて

MicroAd
https://associate.microad.jp/associate/login

サイト審査
あり。 まだ、実験していないので、どの程度のブログで許可されるのかはよくわからないが、おそらくGoogleアドセンスの審査基準よりも厳しいということはないであろう。審査基準は明確に公表されていない様子。

サイト審査にかかる時間
最低5営業日

複数サイトへの掲載
MicroAdの掲載基準に従っているサイトであれば複数サイトへの掲載は可能。同じ広告タグを貼り付けるのみ。ただし、基準に反するサイトへの掲載を発見した場合、予告なくアカウント全体へ配信制限を行うなどの対応がある。

サイトランクについて
MicroAdではサイトランクというものが設定されており、そのランクによりクリック単価が変わるのが特徴である。ちなみに私のブログhttp://ameblo.jp/highfreet/ は大体1日に70PV程度の弱小ブログであるが、審査を通った時点で、サイトランクは20%であった。(おそらく100%が最高だと思われる。)そして、その日に1クリックがあったのでサイトランクは30%に上がった。その1クリックの単価は1円であった。


以下がMicroAdのサイトにあるサイトランクの説明である。

サイトランクとは何ですか?

サイトランクとは、お支払いする広告掲載料金の金額を決定する数値です。不正クリックを検知した場合などは、このサイトランクが低下いたします。また、より良い広告効果が得られた場合などはこのサイトランクが上昇します。サイトランクが上昇すると、1クリックあたりの広告掲載料金が上昇します。

サイトランクを上昇させる広告効果とは何ですか?

MicroAd広告は広告出稿主様が商品の販売や各種資料請求などを目的として宣伝するためのサービスです。お客様のサイトがこれら広告主様の期待する効果が得られるサイトと判断された場合、より多くの広告掲載料金をお客様にお支払いする事が可能です。

現状、私のブログのサイトランクは30%なので、サイトランクが上がることで、どの程度クリック単価が上昇するのかはまた報告したい。


広告のコンテンツへのマッチの度合いについて

私のブログ http://ameblo.jp/highfreet/ は、主に就職活動、転職、スキルアップなどの仕事に関することを書いているのだが、現在表示されている広告は

オススメ!ダイエット情報!
オススメ!スキンケア情報!
最強の投資情報ランキング

である。マッチしていないなあ〜。

MicroAd側ではFAQのページで、
広告がマッチしていない様に見えるのですが?
掲載開始直後はランダムで広告が表示されます。サイトの内容をシステムが解析した段階でマッチした広告が配信されます。

との説明である。掲載3日目、まだ、サイトの解析ができていないのだろうか?それともずっとこのままなのであろうか?

また、経過を書きたいと思います。
できればブレンナーhttp://brainer.jp/ をアメーバブログに使えるのかという実験もいつかしてみたいと思います。


※※※※※※※※※※※※※※※経過※※※※※※※※※※※※※※

後日(一週間程して)、余りにも表示される広告のコンテンツとのマッチ度が低いので、現在ブレイナーと併用してみています。
ご確認いただければと思います。

ブレイナー

※※※※※※※※※※※※※※※経過※※※※※※※※※※※※※※





















posted by 裸が一番 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | MicroAdについて

Googleアドセンス以外のコンテンツマッチ広告

コンテンツマッチ広告とは

コンテンツマッチ広告とは、ウェブサイトの記事や日記等の主要キーワードを抽出する技術により、その内容に関連するの広告が自動的に選択されて掲載されるもので、アフィリエイトとは異なり、1クリックについて単価幾らというように収入の得られる広告の事である。
現在のところ、Googleアドセンスが一番有名であり、質も高い。

Googleアドセンス以外のコンテンツマッチ広告

ブレイナー
http://brainer.jp/

MicroAd
https://associate.microad.jp/associate/login

ぴたっとマッチ
https://pitattomatch.com/index.html

この3つの会社についてはGoogleアドセンスが貼れないブログなどに使う場合に有効である。(例 アメーバ)


コンテンツマッチ広告会社の順位

クリック単価、広告の内容のコンテンツへのマッチの度合いなどから

1位 Googleアドセンス
2位 ブレイナー
3位、4位 MicroAd ぴたっとマッチ

ということで良いと思う。MicroAdとぴたっとマッチはクリック単価等余り差がない。
  
また、ぴたっとマッチにはアダルト広告の表示が可能なのが特徴である。




posted by 裸が一番 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツマッチ広告
2007年10月16日

アメーバブログでGoogleアドセンスは使えるか?

アメーバブログでGoogleアドセンスは使えるか?

答え、使えない。

2006年頃までは裏技として、できていたらしい。
が、しかし現在はできないという答えが正しい。

参照
http://groups.google.com/group/adsense-help-troubleshooting-ja/browse_thread/thread/d95766634c219af2

アメーバは結構好きなのだが、このデメリットは大きい。
posted by 裸が一番 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメーバブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。