2007年10月25日

Googleアドセンスの登録と審査基準

Googleアドセンスへの登録

このページからGoogleアドセンスに登録できるようになっている。
https://www.google.com/adsense/login/ja/

Googleアカウントを取り、ページからサイトのURLなどを入力すれば登録は完了である。

しかし、登録を完了させ、実際にGoogleアドセンスの使用を始めるには、Google側の審査に通らなくてはならない。


Googleアドセンスの審査に早く通る方法

Googleアドセンスを始めるためには、Googleが行うサイトの審査に通らなくてはならない。

さて、どのようにすれば審査に通るのか?

一番てっとり早い方法

これは私の経験と、色々な情報から判断して、無料ブログに、適当な記事を10記事ほど書いてから登録申請してしまうのが、一番早い。
私は10記事くらいであったが、ブログ6記事で通ったという話もある。

Googleアドセンスが使えるブログについては以下に記してある。
http://webtechnique.seesaa.net/article/61206331.html
このうちのどれかのブログに記事を書いて申請するのがいいだろう。

ブログの内容は、例えば、仕事のグチであっても、趣味の釣りであっても、好きな食べ物であってもかまわない。
とにかく当たりさわりのないことを書くのがいいと思う。

避けるべき内容  ギャンブル、ハッキングやクラッキング、ポルノ、アダルト、酒類の販売、著作権の侵害をしている内容等である。これを避ければ審査には通ると考えていい。

Googleアドセンスの広告は、一度審査に通ってしまえば、同じ広告プログラムのコード(Javascript)を自分の運営する他の複数のサイトに貼ることができる。(この場合に新たな追加サイトの審査というものは特にもうけられていない。)だから、まず、確実に審査に通りたいという場合は無料ブログで申請してしまうのが一番早いと思う。

しかし、申請したブログ以外のサイトにGoogleアドセンスの広告プログラムのコードを貼った場合に、もしそのサイトがGoogleの審査基準を満たしていないものの場合、そのサイトでのGoogleアドセンスの使用が停止されるか、最悪の場合にはアカウント自体の停止に追い込まれる。(この場合にはGoogleから警告のメールなどが送られてくる場合が多いようだ。また、詳細がわかれば更新していきたい。)

Googleのプログラムポリシー(Googleアドセンスの掲載を許す基準)
は、以下のGoogleのサイトに詳細がある。
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=48182&sourceid=aso&subid=ww-ww-et-asui&medium=link































この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Googleアドセンス、コンテンツマッチ広告についての紹介ブログ
Excerpt: Googleアドセンス、コンテンツマッチ広告についての紹介ブログ 今回はGoogleアドセンス、コンテンツマッチ広告についてまとめたブログを紹介したいと思います。 Googleアドセンスについて..
Weblog: 俺が思うオススメあれこれ
Tracked: 2007-11-02 23:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。