2007年11月06日

Googleクローラーの巡回頻度について

Googleクローラーの巡回頻度について

Googleクローラーの巡回の確認方法については以前の記事 http://webtechnique.seesaa.net/article/62041712.html
でも触れたが、Googleウェブマスターツール 
によって確認する事が可能である。

実際に私が試してみた結果によれば、巡回頻度というのは10日間くらいというので良いと思う。
ただし、これについてはGoogleウェブマスターツールのクローラーの巡回頻度を設定を「高速」に設定した場合である。
10日間くらいの間隔でクローラーが巡回し、その最終クロールが3,4日後にGoogleウェブマスターツールに表示されるという感じである。

Googleウェブマスターツールでは
マイレポート > 運用ツール > クロール頻度を設定
という設定部分があり、そこでクロールの頻度を、高速、標準、低速の3つから選択できるようになっている。

サイトをGoogleウェブマスターツールに登録した場合、特に頻繁に更新するようなサイトでは、「高速」、に設定しておくことが必要事項である。
だが、この高速というのはどうも、登録したサイトによっては選べなかったりするようだ。

Googleによると高速のオプションが選べない理由として以下のような意味不明の英語の日本語訳によって説明されている。

★Googlebot のクロール頻度は様々な要素で決定されます。 現在のところ、クロール頻度は要素に含まれておりません。 クロール頻度が要素になると、下記の [高速] オプションがご利用いただけます。

この文章は意味不明なのであるが、要するに、ある一定の条件を満たせば「高速」オプションを選択できるということであろう。
今、読んでいただいているこのブログは、一週間ほど前に12記事ほど書いたところで「高速」が選択可能になったが、私の他のブログでは更新頻度や、記事数そのものが少ないブログは「高速」オプションを選択できないようである。
他のサイトなどで調べてもこの条件というのは明確ではないようで、ある日突然選択が可能になるなどとのコメントなどもある。


posted by 裸が一番 at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Googleクローラーの巡回頻度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。