2007年11月08日

Googleアドセンスで表示される広告を操作する方法

Googleアドセンスで表示される広告を操作する方法

Googleアドセンスでは、広告コードのJAVASCRIPTに変更を加える事などは禁止であるし、表示される広告は選択できない設定になっているのであるが、一つ、表示される広告をある程度操作させる方法が許可されている。


セクションターゲットの使用である。

セクション ターゲットを使用すると、サイトのコンテンツと広告を照合する場合に、強調または無視すべきテキストや HTML コンテンツのセクションを Google に知らせて、 広告表示の関連性における精度をより向上させることができます。
(※以下のタグ表示の半角 < > が全角<>になっていますが、ブログの仕様上、仕方がないのでコピーペーストして使われる場合などはご注意下さい。)

以下、コンテンツを強調させる場合

<!-- google_ad_section_start -->
    ここにコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->

この 〜start〜 から 〜end〜 までに強調させたいコンテンツをはさむのである。
そうすると間に挟んだコンテンツとマッチした広告がより表示されやすくなるのだ。

また、逆にコンテンツをGoogleから無視させたい場合
開始タグに (weight=ignore) を追加して、無視したいセクションを指定することもできます。

<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
    ここにコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->

このようにすればGoogleに拾われたくないコンテンツ内容を隠すことができる。


このようにセクションターゲットを使用すればGoogleに拾われるデータを操作する事ができるのだ。


これらのタグを HTML コードに追加すると、最終的なコードは次のようになります。
<html><head><title>Section targeting</title></head>
<body>
<!-- google_ad_section_start -->
   ここにコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->


Googleアドセンスの広告が、コンテンツの内容にマッチしない場合などに是非使って頂きたいテクニックです。


参照
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=23168






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。